赤兎馬おじさんの足跡~経験値のお裾分け~

赤兎馬おじさんの足跡 ~経験値のお裾分け~

オヤジの嗜み・愉しみ・ぬか喜びを日々発信していく、ややゆるいブログ。     今日も「おやじライフ」を満喫中。

家飲み派必見!芋焼酎歴15年のオヤジが勧めるコスパ最強芋焼酎「薩摩本格芋焼酎」

「家飲みにお金を使い過ぎて小遣いに自由が利かない!という問題を解決するために、

コスパ最強芋焼酎との素敵な出会いをあなたにご報告します!」っていうお話です。

 

当ブログにお立ち寄り頂きまして、ありがとうございます!m(_ _)m

こう見えて実は、アイスの実も家飲みも大好きな赤兎馬おじさんです。

 

アイスの実、まだあるんですかね?

 

 

 

はい、しっかりありましたね!

箱買いをご希望の方は、これを機にどうぞ!(笑)

 

って、いやいや!

この記事で紹介したいのは私史上コスパ最強のトップバリュ 薩摩本格焼酎です。

 

 

※2020.09.19追記

現在はパッケージが変わっています。

詳細は、こちらをご覧ください。 

 

 

目次

 

 

トップバリュ 薩摩本格芋焼酎とは?

 

f:id:sekitoba1007:20200319205707j:plain


こちらです!

 

このパッケージの芋焼酎なんですがね、これがまたなかなか本格的な芋焼酎でして、

私これまで完全にトップバリュ商品を侮っていましたね。

 

トップバリュ開発部の皆様、申し訳ございませんでした!

m(__)m

 

だって、これまでやっぱりコスパ重視というよりむしろコスト重視で品質が後回しな

イメージが私の中で定着していたものですからね、このマークがついてる商品は基本的

にそういうカテゴリーだろうと先入観を持っていたんです。

 

ありますよね?

 

たぶん、そういう消費者って結構多いと思います。(; ・`д・´)

 

でも、この芋焼酎はおそらくかなりガチに、真面目に、気合入れて開発されたんだろう

と、商品開発部の血の滲む努力を勝手にお察しします。

 

美味しい飲み方は?

 

f:id:sekitoba1007:20200319205717j:plain

 

私はストレートで頂きました。

 

鹿児島県産の黄金千貫(サツマイモの品種)を使用した芋焼酎は、いまではとても

ポピュラーですね。

 

焼酎にした時の芳醇な香りが特徴で、私自身もこの芋焼酎特有の品のある香り

大変お気に入りなんです。

 

まして私の好きな黒麹仕込みときたわけですからね、これはもうパリピーの

テンションくらい期待値がアゲアゲなわけです。

 

芋焼酎は基本的に水割りでもロックでもお湯割りでも何でもおいしく頂けますね^^

 

もちろん、こちらの芋焼酎もオールラウンダーですよ!(; ・`д・´)

 


飲んだ感想 

 

黄金千貫なので香りがとても芳醇で、甘みもありますがやはりガツンとくるタイ

プでして、完全に私の好みです!(・∀・)イイネ!!

 

特に、飲みごたえを追求したい方や、並みの芋焼酎では物足りなさを感じる方には

特にオススメじゃないかと思います。

 

飲みやすい芋焼酎が好き!っていうあなたは、水割りかお湯割りで香りを堪能する

飲み方をオススメします。(*´Д`)

 

 

最後に

 

f:id:sekitoba1007:20200319205656j:plain

 

正直言って、このお値段でこのクオリティは信じられません。

 

芋焼酎は結構いろいろ飲んできましたが、ここまで本格的芋焼酎がお手頃価格で

楽しめるだなんて思っていませんでした。

 

かつてはペットボトルのめちゃくちゃ安い芋焼酎も買ったことがあるんですが、さすが

に飲めたもんじゃないレベルのものもありますからね、いくら節約したいとはいえ、

地雷を踏んじゃ元も子もないわけですし。

 

値段も大事だけど、クオリティも大事!っていうワガママな私はこの芋焼酎はリピート

確定でございます。(゚Д゚)ノ

 

私はイオン系スーパーで見つけましたが、¥1,180ってこれ、瓶のそこそこの芋焼酎

より安いですし、そもそも一升(1.8L)ですからね!

 

お買い得感ハンパないです。

 

あと、紙パックなので捨てるときも便利なのが◎ですね!

 

家飲み派のあなたも、芋焼酎好きなあなたも、旦那さんが晩酌してますってあなたも!

試してみる価値アリですよっ!(*´Д`)

 

 

現在のパッケージはこちら【2020.09.19追記】

 

現在はパッケージが変更になっていまして、詳細はこちらの記事で紹介しています。 

sekitoba1007.hatenablog.com

sekitoba1007.hatenablog.com

 

 

あわせて読みたい!関連記事のご紹介

 

 

sekitoba1007.hatenablog.com

sekitoba1007.hatenablog.com

sekitoba1007.hatenablog.com

sekitoba1007.hatenablog.com

sekitoba1007.hatenablog.com

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。