赤兎馬おじさんの足跡~経験値のお裾分け~

赤兎馬おじさんの足跡 ~経験値のお裾分け~

オヤジの嗜み・愉しみ・ぬか喜びを日々発信していく、ややゆるいブログ。     今日も「おやじライフ」を満喫中。

【お役立ちアイテムをご紹介】子どもの学習デスクの高さを見直しませんか?

大きくなった子供の学習デスクの高さを簡単に上げました!っていう話です。

 

当ブログにお立ち寄り頂きまして、ありがとうございます!m(_ _)m

こう見えて実は、ホームセンターでウロウロするのが好きな赤兎馬おじさんです。

 

決して不審者ではありませんよ。(; ・`д・´)

 

世の中には私の知らない便利な商品がいっぱいありますからね、そういうのを見つけ

ると必ず手に取って使い方や事例を確認して、自分の生活環境を豊かにすることに

落とし込めないかと、いろいろ妄想をして楽しむわけです。

 

ああ、妄想とは言っても、勿論店内では真面目な顔をしていますから大丈夫ですよ。

(*´Д`)

 

この度、春休みで寮から帰ってきた高校生の長男が、学習デスクの高さを高く

したくて何か良い方法が無いか相談を受けたことがきっかけでして、自分たちなりに

あれこれ考えて、ヒントを求めてホームセンターへ足を運んだところ、この問題を

解決できるマルチポストというアイテムに巡り合うことに成功しました。

 

大型ホームセンターって、やっぱ スゴイ!!(・∀・)イイネ!!

 

f:id:sekitoba1007:20200229181403j:plain

 

目次

 

子供の学習デスクを今一度考える

 

お子さんの学習デスクって、大抵は小学校入学のタイミングで用意して、ずっと

使い続けますよね。

 

お子さんの成長と共に椅子の座面や足掛けの高さを調整するものですが、やがて大人と

同じくらいの身長になると、学習デスクの高さがとても低く感じてしまうものです。

 

ちょっと考えてみてください。(゚Д゚)ノ

 

あなたが椅子と机の高さのバランスが悪い環境で読書や書き物など作業を続けると

とても不便だしストレスが溜まりませんか?

 

毎日何時間もそこでデスクワークをするとなると、肩や腰への負担は積み重な

るばかりですし、効率が下がる一方ですよね。(;´д`)トホホ

 

お子さんも、実はその負担をずっと感じ続けていて勉強すればするほど、肉体的な

ストレスを溜めているかもしれません。

 

なるほど、これがうちの子の成績に直結していたのかと。(笑)

 

机の高さを変える方法を考える

 

一番手っ取り早いのは、勿論新しいものに買い替えることでしょう。

 

でも、そんなお金の余裕もなければ探す時間も無いというのが、世の子育て世代の

共通点ではないかと思いますし、私もその一人です。(; ・`д・´)

 

そこで、学習デスクの高さを変えることはできないか?と考えた私は、まず机の

脚の部分に注目しました。

 

  • 高さ調節機能はない
  • 木製である
  • 頑丈である
  • 接地面は前後左右の4か所
  • おまけに椅子も低い 

 

ざっくりとこんな感じです。

 

身長176cmの私が座ると、確かに椅子も低く感じますしデスクの上面も低いですね。

 

椅子は目いっぱい上げていますから、これ以上は高くできませんし、机の引き出しに

自分の膝や腿が当たるので非常に窮屈 この上ありません。

 

学習デスクの限界を感じたのと同時に、やっぱりこれは椅子もデスクも高さを上げる

ことができれば解決するよね?ってことで、脚部の寸法を測っておいてホームセンター

に問題解決のヒントを求めて出発しました。

 

つまり、学習デスクごと嵩上げするために、スペーサーを探すというわけです。

 

目標は、10~15cmくらい高くすることで、お父さんの本日のミッション

がスタートしました。(; ・`д・´)

 

自分で調べてみると

 

こういう問題は多いはず!と思い、移動中にネットで調べたんですね。

 

「学習デスク 高さ 上げる」って打って、Yahoo!を通じて世界中の

方々に聞いてみたんです。 

 

すると、

コンパネをカットして積み上げると良い!

とか、

コンクリートブロックを敷くと良い!

とかいう答えが出てきたんですがね、家の中にコンクリート系を持ち込んじゃおうって

いう発想には、私はちょっとというか結構な抵抗がありまして。(;´▽`A``

 

床が傷付くのは明らかだし、コンクリートってポロポロ剥がれ落ちるじゃないですか。

 

なので、この案はNG!ってことになりまして、代替え案を探したんですね。

 

いざ、出会い系ホームセンターへ

 

イメージでは、ゴム製のブロックが適してるかな?と思って、店内を物色していたと

ころ、長男が見つけたのがマルチポストなるアイテムでした。

 

f:id:sekitoba1007:20200229145119j:plain

 

親子ともどもビビっときた瞬間でしたね!(・∀・)イイネ!!

 

こうきたか!と早速食いついた赤兎馬おじさんは、手に取って実物の情報分析に

とりかかりました。

f:id:sekitoba1007:20200229144901j:plain

 

なるほど、これは樹脂製なので軽いし床も傷つかないでしょう。

 

高さも調整できますから、好みの高さにできますし学習デスクの水平を出すのにも

一役買ってくれますね。(・∀・)イイネ!!

 

見せて貰おうか、君の耐荷重の性能とやらを

 

ただ、気になるのが樹脂製が故の耐荷重ですよね。

学習デスクって結構重いから大丈夫かな?って。

 

ここはシャア少佐のアノ名言を拝借してみましょう。

 

見せて貰おうか、君の耐荷重の性能とやらを。

f:id:sekitoba1007:20200229145002j:plain

キターーー!

300kgf/本!!

バッチリでございます。('◇')ゞ

 

この1本で300kgの重量に耐えられるように設計されてますよ!ってことです。

文句なし!というよりむしろオーバースペック感すら醸し出してくれてますね。

 

良いじゃないですか、こちらの期待の3倍上をいっています。(´・ω・)

 

お値段は? 

 

f:id:sekitoba1007:20200229144836j:plain

 

ちょうど良い高さのものは6A型というものでして、@680円ですね。

 

680円×4個=2,720円(税抜)

 

んん~これは、決して安くはない印象です。

 

インジェクション(射出成型)で量産しているはずですから、もうちょっとお安くして

頂けると良いなあ~なんて、ちょっと思いましたね。

 

でもまあ、机を買い替えるよりはずっと安価だし、ここは購入決定です!(´・ω・)

 

 

ちなみに屋外でも使える耐候性もあるそうです

 

f:id:sekitoba1007:20200229145148j:plain

 

こちらのマルチポストはウッドデッキの高さ調整用として使われているそうで、屋外

でも利用できる耐候性も兼ね添えていますね。 

 

 

まとめ

 

マルチポストという我が家の悩み解決にピッタリなアイテムに出会えました。

 

<購入決断のポイント>

  • 高さ調節可能
  • 樹脂製で軽い
  • フローリングを傷つけない
  • 耐荷重性能が優れている
  • 上下面がフラットなので接着に適している
  • 取付方がシンプルですぐに実施できる
  • 学習デスクを買い替えるよりずっと安価

 

こんなところでしょうか。

 

そしてこの後、久々に長男と親子共同作業で取り付けしましたので、良い思い出にも

なりましたね。(・∀・)イイネ!!

 

 

 

 

sekitoba1007.hatenablog.com

sekitoba1007.hatenablog.com

sekitoba1007.hatenablog.com

 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。