赤兎馬(せきとば)の日記 ~経験値のお裾分け~

オヤジの嗜み・愉しみ・ぬか喜びを発信するブログ。日々「幸せ」を探して暮らしています。

愛知観光実録 家族向け日帰りモデルコース(豊川稲荷・岡崎城・南知多・熱田神宮)

f:id:sekitoba1007:20191208154849j:plain

愛知県東部の観光地を家族で巡った日帰りモデルコースをご紹介します。
これは、2019年5月4日(GW真っ只中)に実際に観光したものです。

 

タイトルの通り、豊川稲荷岡崎城・南知多(豊浜魚ひろば)・熱田神宮の4か所を

自家用車でまわった記録でして、旅の途中(というか最初から)失敗したことなども

合わせて記事にしてみます。 

 

 これから愛知県観光をお考えの方は、是非ご参考になさって下さい。

 日帰りとはいえ、4か所も観光できて十分楽しめましたよ♪(*´▽`*)

  

 

目次

 

 

観光旅行の概要・条件

  • 家族で観光(夫婦+子供)
  • 日帰りで
  • 自家用車で移動 
  • 各観光地は長居せずなるべくサクッと 

 

観光スポット 

 

愛知観光旅行記 

出発と移動と失敗と

早朝、まだ暗い時間に自宅を出発し、新東名高速道路に乗ってひたすら西へ。

荷物は必要最小限に、好奇心はいつもより多めに持って。

まずは最初の目的地である豊川稲荷でパワーをもらいに向かいます。

 

最初から日帰りで4か所まわるつもりでいましたが、この日はGW真っ只中という

こともあり渋滞は覚悟の上ではありましたが、時間帯も時間帯ということで

さすがに早朝~朝にかけては全く渋滞もなくスムーズに流れます。

 

意気揚々とドライブするも、逆に順調すぎて豊川ICを大幅に通り過ぎるという失態。

ある程度地名を覚えてきたはずですが何の役に持たず撃沈です。

出鼻をくじかれた一行は、遠回りして早速30~40分ほどのロスを記録してしまいます。

 

お父さんは精神的ダメージを負いつつも、こんなこともあろうかと自宅から

持ってきておいた「いつもより多めの好奇心」でこの場を乗り越えて見せましたよ。

 

 

 

豊川稲荷

AM 8:45 

最初の目的地、日本三大稲荷のひとつに数えられる豊川稲荷に到着です。

豊川ICを降りてからも目立った渋滞はなく、豊川稲荷から徒歩3~4分ほどの

有料駐車場に車を止めました。 

 

 

この日は幸いにも快晴に恵まれ、絶好の観光日和 になりました。

先ほどのタイムロスなど何処吹く風。

念願の豊川稲荷に参拝できて、「心の打撲」もすっかり癒されました。

 

f:id:sekitoba1007:20191130211225j:plain

豊川稲荷

参拝を済ませてから豊川名物稲荷ずしを頬張り、空腹を満たした一行は

次なる目的地である岡崎城を攻めに豊川稲荷を後にします。

 

時刻 AM9:45 

滞在時間≒1時間 

 

↓詳しくはこちらの記事で紹介していますので、宜しければ軽い気持ちで是非に↓  

sekitoba1007.hatenablog.com

 

岡崎城

AM10:15 

次なる目的地は徳川家康が生まれたとされる岡崎城に到着です。 

豊川稲荷からは車で30分ほどでした。(道を間違えないことが条件(笑))

 

 

さすがにこの時間となると混雑しており、到着までも若干渋滞に巻き込まれつつ

駐車も少し離れた臨時駐車場 になってしまいましたが、こんなのは想定内です。

f:id:sekitoba1007:20191208172550j:plain

川沿いの歩道を歩き岡崎城を目指します。

攻め込むのもなかなか大変ではありますが、爽やかな春風を浴びて歩くのも

悪くありませんね。

 

こちらも念願の初入場(城?)でしたが、とても有意義な見学ができましたよ!

お城は現存天守ではありませんが、なんといってもかの徳川家康が生まれた城

ですから、日本人たるもの一度や二度は訪れておきたいもの。

また同時に、本多忠勝ファンにも堪らない聖地ですね。

 

ふむふむ、こんなところなんだ~と見学しつつ、更には三河武士のやかた家康館」

なる資料館が大変勉強になるというタナボタ的収穫もあり、これはもう折角

この記事をご覧の皆様にはその良さをお伝えしなければ気が済みません!という

勝手な使命感にかられ記事を書いておきました。(誰も頼んでない件)  

 

↓詳しくはこちらの記事で紹介していますので、宜しければ軽い気持ちで是非に↓  

sekitoba1007.hatenablog.com

 

ここでは露店もあったので腹ごしらえを済ませた一行は(食ってばっかりいる)

岡崎城を攻略し、次なる目的地である「南知多 豊浜魚ひろば」を目指します。 

 

時刻 AM 11:45 

滞在時間≒ 1時間30分

 

南知多(豊浜魚いちば) 

PM 1:10

知多半島もまた、今回人生初の訪問になりましたが思っていたよりもずっと

アクセスが良いですね。というか、ほとんど渋滞がなかったです。

途中の高速道路はところどころ混雑していましたが、知多半島に入ってからは

道も非常にスムーズに流れていました。

 

「観光客が少ないのかな?」

と思いきや、目的地「豊浜魚ひろば」の手前数百メートルに渡り渋滞の列が。

「皆、へんな魚おじさんに会いに来たのかな?」

と思いきや、スタッフの方に案内されるがまま漁港の一部を開放した無料駐車場へ。

 

 

f:id:sekitoba1007:20191201213744j:plain

 

まあ皆それぞれの目的があるでしょうけど、私どもの最大の目的は

へんな魚おじさんに会って、一緒に写真を撮ること!なのです。

 

いやいや、説明が足りませんでした。私ではなく、ウチの子供がファンなんですよね。

私がツーショット撮ってもおっさん二人で映える要素が皆無ですし。

 

後日、インスタグラムで確認するとこの日は実に155人ものファンが

へんな魚おじさんに会いに来たのだそう。

会ってみるとYouTubeで拝見するよりもお若く、オーラがありましたね。

 

もちろん市場全体が観光客で賑わっており、美味しい海の幸を堪能してきましたよ。

 

 

↓詳しくはこちらの記事で紹介していますので、宜しければ軽い気持ちで是非に↓ 

sekitoba1007.hatenablog.com

 

魚介類がほんとに美味しかったしリーズナブルでした。

バスで来てたらビール飲んでたなぁ~と。(;´д`)トホホ

 

無事、南知多も堪能した一行は、時間にもまだ余裕があるので予定通り

熱田神宮へ向かうことに。

 

時刻 PM1:55

滞在時間≒45分 

 

熱田神宮

PM 15:00

言わずと知れた三種の神器の一つである草薙剣が奉安されている熱田神宮

無事到着です。

神宮周辺の混雑もなく、徒歩5分ほどの有料駐車場に駐車しまして、一路、こちらも

また人生初となるかな~り格式の高い熱田神宮へ。

 

 

f:id:sekitoba1007:20191104211624j:plain

熱田神宮

観光客はそこそこ大勢いましたが、参拝はわりとスムーズにできましたね。

まだまだ明るい時間でしたし、こちらでは御朱印も頂きました。

ただし御朱印帳は自宅に忘れてきたので、別紙で頂くことに。

 

↓詳しくはこちらの記事で紹介していますので、宜しければ軽い気持ちで是非に↓  

sekitoba1007.hatenablog.com

 

時刻 PM3:45

滞在時間≒45分

 

これにて一通りの目的地を全て巡り終え、高速道路で帰宅しました。

帰り道も特に目立った渋滞には巻き込まれず、比較的すんなりと走れましたね。

 

 

まとめ

今回は日帰りで愛知東部の観光スポットを巡った実録のご紹介でしたが、

如何でしたでしょうか?

 

ひとつひとつの観光地をじっくり巡りたい方には物足りないと思いますが、

とりあえず有名どころをサクッと何か所か巡ってみたい!という方には

参考になるかと思い、各滞在時間や到着・出発時間も記載してみました。

 

幸いだったのがGWにも関わらず、大渋滞にはひとつも巻き込まれなかったことです。

これはもう私の日ごろの行いが勝因としか言いようがないものと自負しております。

まあ、最初から道を間違えてタイムロスしてますがね(;´д`)トホホ

 

こうやって見ると、やはり移動時間が多くを占めますが、これも旅の醍醐味ですよね。

家族で和気藹々と会話したり、見慣れない景色を楽しんだりと、

移動しているときも含め、とても楽しいひとときを過ごせました。

 

これから愛知観光をご計画なさる方へ、少しでもお役に立てたら幸甚です。

 

 

おまけ

そして、観光地だけでなく子供のことも、ここぞとばかりに写真や動画を 撮りまくった

ので、これはまたいつの日か、まとめてスライドショーにしてしまおうじゃないか!

などと画策しております。

 

↓詳しくはこちらの記事で紹介していますので、宜しければ軽い気持ちで是非に↓  

sekitoba1007.hatenablog.com

はい、ちゃっかりこんな記事も書いていたんですね。

趣味のひとつとしてやってますので、ちょっと気になる方は是非ご覧ください。 

パソコン知識の乏しい私でも簡単にできる、無料のスライドショー作成ソフト

紹介です。これ、めっちゃ使えますよ^^

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。