赤兎馬おじさんの足跡~経験値のお裾分け~

赤兎馬おじさんの足跡 ~経験値のお裾分け~

オヤジの嗜み・愉しみ・ぬか喜びを日々発信していく、ややゆるいブログ。     今日も「おやじライフ」を満喫中。

「のっぽパン」という人気菓子パンのポテンシャル

f:id:sekitoba1007:20191026213520j:plain

のっぽパン

 

地元で人気のおやつパンのっぽパンを紹介します。

 

3年前の写真で失礼します。。。

 

現在は、包装袋のデザインが少し異なるようです。

 

ただし、昔からキリンの絵が入っているのは変わっていませんね。

 

これは地元でしか手に入りませんが、老若男女に愛される細長~い菓子パンです。

販売元は株式会社バンデロールさんですね。

 

写真では上下が映っていませんが、全長は34cmもあります。

 

 

皆さんの地元にも拘りの食べ物がいくつかあると思いますが、

静岡県東部ではこの菓子パンが人気で、スーパーやコンビニなどで売られています。

 

写真は定番のクリーム味ですが、他にはコーヒーやクリームチーズ、チョコもありました。

 

はちみつみかん、ティラミスなんてラインナップもあるようですね。

これは沼津ならではのラブライブ!関連商品、だそうです。

 

更に、最近では桔梗信玄のっぽなるニューフェイスも見かけますね。

ちなみに、これは山梨県でも売られているそうです。

 

 

 

気になるお味はというと?

それはもう、おいしい!という以外ありません。

 

私自身、子供のころから好きですが、中のクリームが甘過ぎずちょうど良いので

最後まで飽きることなくペロリと頂けます。

 

静岡県民のソウルフードですね。

 

f:id:sekitoba1007:20191026213537j:plain

 

私は小学生の時に、当時の製造元であったエヌビーエス(沼津ベーカリー)という会社に

工場見学に行ったとき、お土産にのっぽパンを頂いた記憶があります。

 

パン工場の幸せな香りに少年の心が躍ったのを今でも覚えています。

 

子どものころはたしか90円だったはずですが、いまでは値上がり(120~130円?)しています。

 

それでもやっぱり買ってしまうのっぽパンのマジック。

 

そんなのっぽパンの紹介でした。

 

 

もし静岡県方面にいらっしゃったり、東名高速道路で沼津サービスエリアに

お立ち寄りの際は、是非探してみてください。

 

 

sekitoba1007.hatenablog.com 

sekitoba1007.hatenablog.com

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。